ビル総合管理・設備保守管理・清掃管理の株式会社セイセイサーバー

お問い合わせ・お申し込みはこちらから 054-351-2530
お問い合わせ
会社案内

セイセイサーバーの強み

障害者の自立支援・就労移行支援

セイセイサーバーでは障がい者に対して、就労支援に関する事業を行い、社会福祉の向上に寄与することを目的として平成17年に「NPO法人セイセイ生き生きクラブ」を設立しました。清掃の技術を習得することを中心に、集団生活での過ごし方、また年に数回バーベキューやボウリングなどのイベントを実施しています。

※詳しく知りたい方はこちら » NPO法人セイセイ生き生きクラブ

高齢者の雇用確保

設立当初、社会福祉といった言葉はまだ浸透しておらず、障がい者やお年寄りなど弱い立場の人達が職に就くことは困難でした。弊社ではそういた方達も社会の一員として仕事をしながら自立し、ほんの少しでも人間として貢献できる社会を築き上げていく、というのを創業理念の一つとしてきました。
現在、弊社で行っている現場では20歳~83歳、平均年齢55歳と幅広い世代の方が働いています。そのうち約4割を65歳以上の方達が占めています。生き生きクラブ同様、年に数回バーベキューやボウリング等のイベントを実施しており、年末には各現場の方達を集めて「年末の集い」という会を実施しています。

社員教育

弊社では「清掃は心である」の社訓、また企業理念や従業員8箇条を深く理解してもらうため、座学での研修に力をいれています。「挨拶が必要」と一方的に言うのではなく、「なぜ挨拶が必要なのか」と本質が理解できる教育研修をしています。また、用具の取扱いや拭き掃きの実技、安全対策などについての従事者教育を研修マニュアルに基づいて年に1回実施しています。

清掃は、施設用途によりコンセプトが異なります。ビルオーナーの社風や社訓・理念を理解して清掃することが求められます。ただ依頼されて清掃するのではなく、意向を取り入れてお客様と作りあげていくことを目的とした教育をしています。

現場提案制度の設置

弊社では日々業務の改善に力を入れており、現場の方達に提案制度を設けています。
現場からの直接の声を聞くことによって気づくことも数多くあります。また、提案をしてくれた方には報酬を給与に加算しています。この制度を設けたことにより、お客様へのサービス品質も向上し、現場の働く環境の改善・業務の効率化にも繋がっております。

制服の着用、魅せ方へのこだわり

弊社では、仕事についての指導だけではなく、制服着用まで指導しています。
お客様に「作業員」というイメージではなく、きれいな空間をプロデュースする「プロフェッショナル」というイメージを持ってもらうことをコンセプトにしています。
青色を基調とした制服を着用することにより、清潔感のある印象を相手に与えることができます。

このように、仕事だけにこだわるのではなく、魅せ方にこだわることが弊社のスタイルです。

女性活躍推進のための一般事業主行動計画

男女ともに全社員が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

  • 2021年10月1日から2023年9月30日まで

2.当社の課題

  • 顧客品質管理部と設備現場は、業務が多忙なため、女性の正社員比率が低い。

3.目標と取組内容・実施時期

  • 目標1(職業生活に関する機会の提供に関する目標)毎事業年度1名以上の女性正社員を採用する。
  • <実施時期・取組内容>
    • 2021年10月~顧客品質管理部と設備現場で女性の採用が可能か調査する。
    • 2022年4月~雇用形態転換制度に関する人事制度の改定を行う。
    • 2022年10月~顧客品質管理部の業務マニュアルを作成する。
    • 2022年10月~雇用形態転換希望のヒアリング を実施する。
    • 2023年4月~正社員への登用を開始する。
    • 2023年9月~人事制度全般に関する社内アンケートの実施及び必要に応じて制度の見直しを行う。
  • 目標2(職業生活と家庭生活との両立に関する目標)働きやすい職場環境を整え、離職率を5%下げる。
  • <実施時期・取組内容>
    • 2021年10月~現場従業員と話す機会を増やす。
    •         ・抽選会賞品を持参する。
    •         ・資材を持参する。
    • 2021年10月~入社式や退職時の懇親会を企画し予算申請する。
    • 2022年4月~人事制度や就業規則のお知らせ、提案制度や福利厚生の周知。
    • 2022年4月~タブレット端末を使って現場とのコミュニケーションをとる。
    • 2022年4月~入社式や退職時の懇親会を実施する。
    • 2022年4月~セミナーや講習会の企画と実施。
    •         ・救命講習の実施。
    • 2022年4月~フレックスタイム制、テレワーク制の活用推進。
    • 2022年4月~連続休暇の提案、設定。
    • 2023年4月~成果を確認し、是正処置を行う。

女性の活躍の現状に関する情報公開(令和3年3月現在)

  • 1)採用(雇用期間に定めのない人のみ)
    • ・男女別の採用における競争倍率/男性:1.2倍/女性:1.0倍
  • 2)継続就業(雇用期間に定めのない人のみ)
    • ・男女別の平均勤続年数/男性:9年4ヶ月/女性:12年5ヶ月
  • 3)労働時間等の働き方
    • ・法定時間外労働及び法定休日労働時間の雇用区分別平均(令和2年4月から10月で最も多い時)
        正社員:1時間27分/月 契約社員:1時間21分/月
        嘱託社員:1時間26分/月 パート社員:0時間07分/月
  • 4)管理職に占める女性労働者の割合:25.0%(産業大分類の平均値19.9%)
  • 5)その他(多様なキャリアコース)平成30~令和2年度内
    • A.女性の非正社員から正社員への転換:実績なし
    • B.女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分の転換:実績5名
    • C.過去に在籍した女性の正社員としての再雇用:実績なし
    • D.おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用:実績2名
関連会社